Top SOSHIRENとは 優生保護法とは 堕胎罪とは 資料・法律 オススメ SOSHIRENニュース
資料・法律



 優生保護法

昭和23年7月13日 公布
昭和23年9月11日 施行
平成8年、「母体保護法」に改題
第1章 総則
(この法律の目的)
第一条  この法律は、優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする。

(定義)
第二条  この法律で優生手術とは、生殖腺を除去することなしに、生殖を不能にする手術で命令をもつて定めるものをいう。
 2  この法律で人工妊娠中絶とは、胎児が、母体外において、生命を保続することのできない時期に、人工的に、胎児及びその附属物を母体外に排出することをいう。


第二章 優生手術


(医師の認定による優生手術)
第三条 医師は、左の各号の一に該当する者に対して、本人の同意並びに配偶者(届出をしないが事実上婚姻関係と同様な事情にある者を含む。以下同じ。)があるときはその同意を得て、優生手術を行うことができる。但し、未成年者、精神病者又は精神薄弱者については、この限りでない。
本人若しくは配偶者が遺伝性精神病質、遺伝性身体疾患若しくは遺伝性奇形を有し、又は配偶者が精神病若しくは精神薄弱を有しているもの
本人又は配偶者の四親等以内の血族関係にある者が、遺伝性精神病、遺伝性精神薄弱、遺伝性精神病質、遺伝性身体疾患又は遺伝性畸形を有しているもの
本人又は配偶者が、癩疾患に罹り、且つ子孫にこれが伝染する虞れのあるもの
妊娠又は分娩が、母体の生命に危険を及ぼす虞れのあるもの
現に数人の子を有し、且つ、分娩ごとに、母体の健康度を著しく低下する虞れのあるもの
 2  前項第四号及び第五号に掲げる場合には、その配偶者についても